戻る

ゆめ・みらい基金

会員団体との「絆」で創設された
「ろうきん 全労済 働く仲間のゆめ・みらい基金」

詳細情報表示

働く仲間の共有財産「ろうきん 全労済 働く仲間のゆめ・みらい基金」

沖縄県では、「子どもの貧困」が深刻な社会問題となっていますが、その背景には全国一低い所得水準や最低賃金、4割を超える非正規雇用者率等、課題が山積する沖縄県の雇用・労働情勢がもたらす「親(働く人・働きたい人)の貧困」の厳しい現実があります。
当金庫は、「困難を抱える働く仲間と、その大切な人に寄り添うことは、労働金庫の原点」として、会員団体および連合沖縄をはじめとする県内各労働団体に呼びかけ、ご理解とご協力を賜り、また善意の寄付金を拠出いただき、協働で本基金を創設しました。

「ろうきん 全労済 働く仲間のゆめ・みらい基金(基金レポート 2018)」

会員団体のみなさまへ、本基金の取り組みを広くお知らせするため、基金の概要、支援事例、アンケート・手紙で寄せられた皆さまからの意見・感謝の声を取りまとめた「基金レポート 2018」を発行しました(発行元 沖縄県労福協)。ぜひ、多くの方々にご覧いただきたいと考えます。

詳しくはこちらからダウンロードできます。

閉じる

基金の活用事例

詳細情報表示

基金創設にあたり、当金庫会員237団体から、総額16,583,500円の寄付金が寄せられました。寄付金を拠出いただいた各会員団体に、心より感謝申し上げます。お寄せいただいた寄付金の活用事例をご紹介します。

基金による支援の柱

親〈世帯〉の収入の安定化

養育する子がいる世帯の親などへの就学・就労支援および生活支援など

資格を持つことによる希望職種(夢)
への就職支援

職業資格取得等にチャレンジする就学生(高校生)への受験費用などの支援

活用事例

「ろうきん便り」や「基金レポート 2018」で支援事例を紹介しています。
支援事例及び収支報告(2016年度版)はこちらからダウンロードできます。
支援事例及び収支報告(2017年度版)はこちらからダウンロードできます。

閉じる

感謝の声 会員団体(推進委員会等)・事務局(沖縄労福協)・沖縄ろうきん関係者へ

詳細情報表示

基金による支援を受けた方や、その方々に寄り添う支援員の方々などから、感謝のメッセージが寄せられていますので、ご紹介します!!

閉じる

ご寄付のお願い
〈0150(マルイチゴウマル)ゆめ・みらい運動!〉に、ご参画をお願いします

詳細情報表示

本基金を安定的・継続的に運営するため、財政基盤の強化が喫緊の課題となっています。当金庫では、基金の安定運営を会員団体および利用者のみなさまと支える取り組みとして、「定額自動寄付システム」※を導入し、各地区の推進委員会のご協力のもと、組合員・利用者のみなさまを対象に、〈0150(マルイチゴウマル) ゆめ・みらい運動!〉を展開し、幅広く寄付を募っています。〈0150(マルイチゴウマル) ゆめ・みらい運動!〉とは、「1人、50円(月額)の寄付で、沖縄の子ども達の夢と未来を支えよう!」というもので、本基金を通じ、「子どもの貧困」と、その根底にある「親の貧困」問題の改善・解決をめざす運動です。〈ろうきん〉の普通預金口座をお持ちの方なら、「定額自動寄付」※のお申込みをいただくことで、どなたでもご参画いただけます。
子ども達の明るい未来を創造していくためには、働く仲間が一体となった、息の長い取り組みが必要です。みなさまのご支援を心よりお願い申し上げます。

定額自動寄付システム

お客さまの任意の寄付金額(定額)を、ご指定の〈ろうきん〉普通預金口座から、自動振替によって本基金へ寄付する制度。

口座振替手数料は〈ろうきん〉が負担します!

  • 寄付の申込み単位は、一口(毎月)50円以上、50円単位で設定可能です。
  • 振替日は毎月25日とし、当金庫の休業日にあたる場合はその翌営業日となります。

〈ろうきん〉窓口で、お手続きいただけます。

定額自動寄付の申込書はこちらからダウンロードできます。

閉じる

社会貢献寄付商品について~〈ろうきん〉利用をみんなの幸せにつなげます~

詳細情報表示

当金庫商品を利用したお客さまの笑顔が、同じ働く仲間や、その大切な子ども達の笑顔につながるよう、社会貢献寄付商品(下記対象6商品)を選定し、基金の安定運営を支援しています。2017年度は、1,074,200円を基金へ寄付を行いました。

社会貢献寄付商品の概要

対象商品の新規ご契約1件につき、200円を当金庫が負担し、本基金へ拠出します。

預金商品 財形貯蓄、エース預金
融資商品 教育ローン、福祉ローン、カードローン、カーライフローン

閉じる

基金の運営主体「公益財団法人沖縄県労働者福祉基金協会」のご紹介

詳細情報表示

メッセージ

沖縄県労福協は、働く人、働きたい人を支える「社会のかすがい役」として労働者福祉の向上に取り組んでいます。その中で「働きたくても働けない人たち」が多く存在し、見て見ぬふりはしないという精神で生活・就労支援を続けてきました。多くの方が怪我や病気、障がい等、複数の課題を抱え、就労困難・生活困窮といった状況に陥っています。そのような現場に向き合う中から、親の貧困は子どもの貧困に繋がる、それは連鎖し続けることが多いという現状を伝え続けてきました。
運営事務局として皆様の思いのこもった「ろうきん 全労済 働く仲間のゆめ・みらい基金」をよりよく活用し、一人でも多くのご家庭が、安定した生活ができ、沖縄の子ども達が、ゆめ・希望の持てる生活を取り戻し、子ども達の人生、そして沖縄の未来が明るい未来となる事を目指して取り組んでおります。今後ともご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

沖縄労福協の目的

公益財団法人沖縄県労働者福祉基金協会(労福協)は、沖縄県内の勤労者の福祉を増進し、併せて勤労者の福祉の向上を目指す団体の自主的な福祉活動の育成を図り、もって勤労者の社会的、経済的地位の向上に寄与することを目的とする。

閉じる

基金の利用(申請)に関するお問い合わせ先

詳細情報表示

「ろうきん 全労済 働く仲間のゆめ・みらい基金」運営事務局

〒900-0021那覇市泉崎1-15-10 3F 沖縄県労働者福祉基金協会

TEL:098-865-5001 FAX:098-865-5002

E-mail:yumemirai@rofuku-okinawa.jp

URL:http://www.rofuku-okinawa.jp/

閉じる

  • 生活応援ローン相談会
  • 店舗・ATM検索
  • ローンシミュレーション
  • ローン仮審査お申込み