非課税財形貯蓄の目的外払出時の特例範囲拡充について

2017/05/19
沖縄県労働金庫

お客様 各位

 

 今般、2017年4月(平成29年)より、税制改正に伴い「租税特別措置法施行令」および「租税特別措置法施行規則」が一部改正されました。

 これにより、財形非課税貯蓄(財形年金・財形住宅)を利用している勤労者が、災害等のやむを得ない事由により目的外の払出しを行った場合に、非課税の特例が適用となる要件範囲が拡充されました。

 つきましては、別紙『ろうきんの財形制度改善に向けた取組み』をご確認ください。

 

【厚生労働省ホームページ】

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000105724.html

 

 <ろうきん>では、財形制度改善に向けた取組みや各種情報提供、サービス向上に向けた取組みを推進していきます。

 なお、ご不明な点がございましたら、お取引先の<ろうきん>窓口担当者までご連絡いただければと存じます。

 

以上

 

別紙:『ろうきんの財形制度改善に向けた取組み』 (PDF)