キャッシュカード・マイプランカードの取扱い

2013/12/02
沖縄県労働金庫

 

  2014年1月5日(日)の新しいオンラインシステムへの移行に伴うキャッシュカード・マイプランカードの取扱いについてご案内いたします。

現行カードの継続使用

2013年12月までに発行されたキャッシュカード・マイプランカードは、引き続きご利用いただけます。
※再発行時には全国共通の新しいデザインによるカードで発行させて頂きます。

新しいオンラインシステムで発行するカード

●デザイン・印字項目の統一

MS(磁気ストライプ)カードのデザイン・印字項目(エンボス出力内容)は全国共通のデザインとさせていただきます。
※ICカードにはデザイン・印字項目等の変更はありません。
<新カードデザイン見本>

カードのセキュリティ強化

旧システムのカード支払限度額は「1日あたりの支払限度額」と「1日あたりのデビットカードの支払限度額」の設定が可能となっていました。新しいオンラインシステム移行後(2014年1月5日以降)のカード支払限度額は、セキュリティを強化するとともに、各種限度額の選択パターンを広げます。支払限度額の上限は下表のとおりとなります。カードのセキュリティ強化とあわせて、暗証番号を失念された場合は、カード再発行手続が必要となります。
<カードの支払上限額>

項目 磁気カード ICカード
普通・貯蓄 マイプラン 普通・貯蓄 マイプラン
1

カード月中支払累計限度額

1ヶ月あたりのカード支払取引額を累計管理

上限なし
 2

カード支払口座一日限度額

1日のカード取引額を管理

200万円
(50万円)
100万円
(50万円)
200万円
(200万円)
100万円
(100万円)
 3

カード現金支払い1日限度額

<ろうきん>・他行ATM・CDによる現金支払+他行ATMによる振込での1日あたりの限度額を管理

 4

カード振込1日限度額

<ろうきん>ATMによる振込での1日あたりの限度額を管理

5

カード振替1日限度額

<ろうきん>ATMによる振替取引額に加え、デビットカードの1日あたりの利用限度額を管理

※ 現在の「1日あたりのデビットカードの支払限度額」は、カード振替1日限度額に含みます。
※ 限度額のご指定がない場合は( )内の額を設定させていただきます。

ダブルストライプカードの取扱い

ダブルストライプカード[注1]は、2口座とも取引店が同じである必要があります。このため、現在、取引店が異なるダブルストライプカードは、ダブルストライプカードとして再発行できなくなります。

注1:1枚のカードで2種類の口座(普通預金口座とマイプラン口座など)の取引を可能とするカードをいいます。

<取引店が異なるダブルストライプカードの再発行時の取扱い>