フィッシング詐欺やスパイウエアにご注意ください!

2010/03/09
沖縄県労働金庫

 最近、金融機関を装って電子メールを送信する「フィッシング詐欺」が頻発しています。受信メール内に記載されたアドレスをクリックすると、本物とそっくりの偽ホームページが表示され、メールの受信者に口座番号や暗証番号等を入力するように仕向け、個人情報を盗み出して不正利用するという悪質な手口です。当庫では、電子メールで暗証番号やパスワード、口座情報を伺うことや、お知らせすること等はございません。このような身の覚えのないメールや不審なメールを受信した場合には、安易にメールの指定するホームページへアクセスしたり、暗証番号やパスワードなど重要な情報を入力なさらないようご注意ください。

 また、スパイウエア(*1)と呼ばれるソフトを使って、お客さまのパソコンからインターネットバンキングのIDやパスワードなどの情報を不正に取得し、お客さまの預金口座から心当たりのない振込(出金)を行うといった悪質な事件も報道されています。

スパイウエア被害に遭わないためには、以下の点にご注意ください。

  • 心当たりのないEメールやファイルを不用意に開いたり、安易にフリーソフトをダウンロードしたり、不審な
    Webサイトへアクセスしたりしないようにご注意ください。
  • スパイウエア対応のセキュリティ対策ソフト等のご利用をお勧めいたします。

    ※スパイウエアの詳細や対策方法は、専門のサイト等でご確認ください。
  • 図書館やインターネットカフェ等の不特定多数の人が利用できる場所に設置されているパソコンを使ってのお取引は、差し控えていただくことをお勧めいたします。
  • ろうきんのインターネットバンキングでは、ログイン時に前回のログイン時刻が表示されます。不審なログイン時刻表示がないか、都度ご確認いただくことをお勧めいたします。
  • ろうきんのインターネットバンキングでは1日あたりの振込金額を1万円単位で任意の金額に設定することができます。振込限度額の見直しをお勧めいたします。

万一、不審な取引等をご確認された場合は、お取引されている営業店へお問合せください。

(*1) スパイウエアとは、パソコンに保存されている個人情報や入力したキーワード等を、お客さまが気づかないうちに収集し、インターネット経由で送信してしまうソフトでウイルスとは異なります。